CSR情報

企業理念

自利とは利他なり

創業以来一貫して、この理念を守り続けて参りました。
己の利とは他社の利の中において初めて存在価値があるということ。
他社の利を還元して頂けるシステムを構築すること。
己の利を常に他者に還元し続けることが社会における当社の存在価値であるということ。
この理念を社員一同今後も頑なに守り続け、
この理念のもと次世代へのバトンタッチに対し責任ある法人であり続けたいと願っております。

代表取締役社長 近森 靖彦

社是

一つ、
嘘つかず 感謝忘れず 笑み絶えず
利他を求めて 自利を得るべし

一つ、
自他ともに 利得あるとき 省みよ
法に従い 三方良しか

一つ、
信得ても おごることなく 邁進し
垂範たらん 理念とともに

コンプライアンス憲章 7つの掟

ネオ・コーポレーションの全ての役員および従業員は、
「自利とは利他なり」の理念のもと、当社で働くことに誇りを持ち、社会的責任を果たすため、
事業活動のあらゆる場面においてコンプライアンス憲章の精神を一人ひとりが率先垂範し、
誠実に行動することを宣言いたします。

コンプライアンス憲章
1 経営陣の責務
わたしたちは、本憲章の実現が自らの役割であることを認識し、その浸透に努め、社内外の意見等を素直に受け止め見直しを行うことで、本憲章の精神の更なる推進と実効性ある体制の整備運用を図ります。
2 法令等の遵守
わたしたちは、事業活動を通して適用される法令や社会規範を遵守し、良識に基づいて行動いたします。
コンプライアンス憲章
3 公正な事業活動
わたしたちは、全てのステークホルダーに対して誠実な態度で接し、健全かつ適切な関係を維持し、社会的秩序や公正な事業活動に悪影響を与えるあらゆる個人・団体とは一切の関わりを持ちません。
4 健全な企業風土づくりの推進
わたしたちは、自らが他者から活かされていることを知り、常に謙虚さを忘れず、意見の相違の中から多様な価値観を素直に受け入れ、互いに信頼し合い、良好なコミュニケーションに基づいて結束し、最大限の組織力を発揮します。
5 理念に基づく製品・サービスの提供
わたしたちは、確かな技術と経験をもとに「己の利を他者に還元できる」高品質な製品と安心のサービスを低価格で提供し続けます。
コンプライアンス憲章
6 社会への貢献
わたしたちは、理念に基づく商品・サービスの提供を通して雇用の創出を図り、エネルギーコストの削減を通して環境負荷への配慮を続け、地域社会に貢献いたします。
7 不正の防止体制
わたしたちは、本憲章の精神を担保するため、厳格な社内規程および内部統制システムを定め、適正に運用します。
また、本憲章の精神に反するおそれのある事態、または反する事態が発生した際は、適正な手続きに従い迅速な対処を行うとともに、再発防止を図ります。株式会社ネオ・コーポレーション
代表取締役社長 近森 靖彦
2015年12月12日制定

仕事十訓 仕事十訓

お客様に最大のメリットを提供するため、
当社一同はこの訓示を元に日々成長を続けております。

一、目標
すべては、目標を明確にすることから始まる。
明確な目標が一日を支配する。
ニ、予測
確率を重視する中で、己の感性も磨き抜こう。
三、行動
行動の有無ほど大きな差を生むものはない。
常に迅速な行動を心がけよう。
四、客観性
結果を素直に受け止め、成功に繋げる為に、
客観的な視点は必要不可欠である。
五、問題点と改善
常に問題点を究明し、改善を行う事で己を成長させよう。
六、理由
すべての言動に対する理由を考え、求め、与えよう。
七、熱意
熱意は不可能を可能に変える。
八、達成
100%100%99%99%は天と地ほどの開きがある。必ず達成しよう。
九、継続
継続こそが、成長・実現へと導く最高の手段である。
十、理念
常に感謝の念を忘れず、
「自利とは利他なり」の理念から思考しよう。