電力 削減 コスト 電子ブレーカー ネオコーポレーション

HOME > 製品情報 > ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」

製品情報|株式会社ネオ・コーポレーション N-EBシリーズ

ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」

販売実績業界No.1

ネオ・コーポレーションでは、平成16年にネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」の販売を開始し、平成28年5月には全国での累積販売台数が110,000台を突破しております。

当社のネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、現在電子ブレーカー業界において販売実績とともに、お客様よりNo.1の支持を得ております。

累積販売台数11万台突破

販売開始から現在に至るまで、ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、多種多様な業種にわたり実績を培って参りました。その実績とお客様に安心していただける販売システムを高く評価いただき、大手企業様への導入にも繋がっております。また、お申し込みをいただいたお客様の半数は、お客様からお客様へのご紹介によるものであることが当社の誇りでもあります。

確実にコスト削減に貢献します。

低圧電力の基本料金が下がります。

通常のブレーカーの場合、稼動時にブレーカーが電流を遮断しないよう最大電流以上の容量が必要となる為、主開閉器契約に切り替えても契約容量が下がらないか、下がったとしても大幅な削減はできません。

一方、当社のネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は主開閉器契約のために開発・製造された特別なブレーカーで、ブレーカーに流れる電流値と、その流れる時間を正確に計測・制御するCPUを内蔵しており、従来のブレーカーにはない緻密な動作特性を実現しました。

そのため、過負荷となる電流値とその時間を測定することで、必要な容量は確保しながらも、最小限の容量での契約が可能となります。

ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」ラインナップ

使う場所によって3パターンのラインナップをご用意

三相3線式用電子ブレーカー

負荷設備契約をされているお客様に適した電子ブレーカーです。

JET認可番号:
JET2933-42010-1005
JET2933-42010-1006
JET2933-42010-1007
JET2933-42010-1008

単相2線式用電子ブレーカー

溶接等のご利用で単相2線式契約をされているお客様に適した電子ブレーカーです。

JET認可番号:
JET2933-42010-1009
JET2933-42010-1010
JET2933-42010-1011
JET2933-42010-1012

単相3線式用電子ブレーカー

従量電灯と低圧電力を組み合わせたご契約をされているお客様に適した電子ブレーカーです。

JET認可番号:
JET2933-42010-1013
JET2933-42010-1014
JET2933-42010-1015
JET2933-42010-1016

※JET・・・財団法人電気安全環境研究所

ご存知ですか??

皆様が普段お使いの電気は、その使用目的・用途によって、大きく2つに分かれます。

従 量 電 灯一般家庭向けコンセントや照明などに使用される電気。100v、単相とも。
低 圧 電 力工場などの大きな機械を動かすための事業用電気。200v、三相とも。

基本料金の違い

基本料金の(契約容量)の決定方法は二種類!!

平成8年 新契約方式が登場

浸透しなかった主開閉器契約を浸透させたのは、電子ブレーカーです。

新契約方式が登場

基本料金の算出方法

お客様の電気使用機器の能率(力率=クルマでいえば燃費のようなもの)を料金制度に反映したのが「力率割増し」です。低圧電力の基本料金単価は、力率を85%として設定しています。基本料金は力率が80%なら5%割増し、力率が90%なら5%割引となります。

ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、主開閉器契約の契約容量をより小さくするために開発されました。
■従来のブレーカーでは・・・
ブレーカーに流れる電流値を「熱伝導方式」と呼ばれる方法で判定するため、外気温や設備の利用状況などにより、実際の電流値とは誤差が生じます。
また、主開閉器契約に切り替えて契約容量を下げたとしても従来のブレーカーでは精密な制御ができず、頻繁に電流を遮断してしまうため、お仕事に支障をきたすことが多くありました。
これは、主開閉器契約が広く浸透しなかった理由のひとつでもあります。
■電子ブレーカーでは・・・
内蔵のCPUによりブレーカーに流れる電流値とその時間を正確に計測・制御することで、従来のブレーカー にはない精密な動作特性を実現しました。
もちろんJET(財団法人電気安全環境研究所)の基準をクリアしておりますので、高い安全性が確保されております。

ページトップへ